頭皮の治療薬を使うには専門知識が必要

育毛剤での副作用を防ぐには素人判断より医師の診察・診断を

薄毛や抜け毛が気になり始め、そろそろお手入れをと考えてドラッグストアなどを訪れると大量のヘアケア商品が棚一面に並べられており、どれを選べば良いのか全くわからないという方が多いのではないでしょうか。ヘアケア商品にも様々な種類があります。育毛剤・養毛剤・発毛剤・毛生え薬・育毛シャンプーなどがあり、どれが自分に合ったものか非常にわかりにくいと思います。これらのヘアケア商品は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに大別されます。

「医薬品」は発毛剤・毛生え薬が該当し、治療を目的とした薬です。当然医師や薬剤師の専門家による処方や診断が必要です。

「医薬品」の毛生え薬を使う場合でも、副作用が起こる可能性はゼロではありません。
毛生え薬に限らず、どんな薬であっても少なからず副作用はあるのです。毛生え薬で一番多い副作用は頭皮のかゆみでしょう。他の皮膚薬と同様肌に合わない場合は強いかゆみを伴ったり発疹ができたりするかもしれません。これらの副作用では命に関わるような重大なものは無いようですが、薬である以上用法用量を守るようにしなければなりませんし、守らないと症状が酷くなったりするケースも考えられます。もし何らかの症状があらわれてきた場合、とりあえず育毛剤の使用を停止し医師の診断を受ける必要があります。

養毛剤は医薬成分を含みませんので、それほど薬効はありません。どちらかというと化粧水に近く、頭皮や髪の毛に栄養を与えるようなもので育毛や発毛に直接関係はしないと考えられます。

育毛剤は「医薬部外品」ですが、上記のちょうど中間となります。効果は穏やかで副作用も少なく、わずかながら薬効が認められているもので医師や薬剤師の処方や説明の必要がないレベルです。使用者が説明書を読むことで安全に使用可能なものを言います。もちろん使用しているなかで何らかの症状などがあらわれた場合には医師に相談する必要があります。

頭皮に起こる症状は素人ではなかなか判別しにくい場合が多く、症状の違いで使うべき発毛剤・育毛剤がかわります。症状にあったものを使用しないと逆効果となりますので、まずは専門家に相談が必要です。