育毛剤には副作用などの危険性が潜んでいる

育毛促進剤の光と影。有効性の裏にこんな危険が!

商品の宣伝CMでは効果や長所ばかりを全面に出して訴えかけられ、欠点やマイナス面は正当に公開されない傾向があります。育毛・発毛を促進する商品でも、それは同じです。売る側にとって都合のよいところにだけ目を奪われることなく、その商品が併せ持っている影の部分もしっかり見ておく必要があります。
育毛・発毛をうたい文句にする商品の場合、とくに気を付けたいのは副作用の問題です。

たとえば、ミノキシジルは血管拡張作用があり、もとは高血圧の治療薬だった成分ですが、これを発毛剤として使った場合でも、血圧が下がり過ぎる危険があり、その結果、手足のしびれ、むくみ、動悸、頭痛、胸痛といった症状が現れることがあります。とくに、心疾患の治療薬を服用している人は注意が必要です。また、薬剤に含まれるアルコールに対するアレルギー反応で皮膚に痒みが出る場合のあることが知られています。

男性ホルモンに働きかけるフィナステリドを含む医薬品は比較的副作用が少ないとされていますが、もとは前立腺肥大の治療用に開発された成分であり、この成分を用いた薬で一部の人に性欲低下や精子数減少といった副作用が確認されています。また、肝機能障害を起こす可能性も指摘されています。

この他、皮膚に塗る薬剤一般の問題として、有効成分を溶かすためにアルコール系の溶剤が用いられることが多く、その溶剤に対するアレルギー反応の心配があります。このことを避けるためには、できるだけ天然由来の成分を使い、無添加・無香料の製品を使う方が無難です。

以上のように、優れた効き目の一方で危険な副作用の危険性を併せ持つ製品が数多く存在します。厄介なのは、その副作用が必ずしも現れるとは限らず、また体質などの個人的一時的な条件の違いや他の薬などとの組み合わせによって現れることがある点です。事前には気の付けようがないという一面もあります。それだけに、育毛・発毛を促す薬剤には副作用の恐れがあることを認識しながら使用して、もし違和感を感じたりおかしいと思ったら、使用を中止してようすを見るなり医師・薬剤師に相談するなどの対応策をとらなければいけません。