発毛剤の能力を最大限に発揮させる方法

ミノキシジルなどの有効成分入り発毛剤を最大限に発揮させるには

男性型脱毛症の治療薬としての発毛剤・育毛剤は医師の診断、処方が必要になる「医薬品」に分類されます。当然「薬」ですから副作用についても十分に認識した上で使用しなければなりません。

男性型脱毛症の治療薬としては「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2種類のみと言われています。各々は全く違った効能ですので、場合によってはどちらか一方と頭皮の環境改善及び栄養補給などを行う段階と、これら2種類を組み合わせていく方法となります。

治療においてはタイミングも大切な要因です。どんどん進行してしまった状態を元に戻すというのは大変なエネルギーが必要です。ところが、進行を止めることは元に戻すことよりは簡単です。

「フィナステリド」は進行を止める効果のある薬なのです。最近ちょっとボリュームが少なく感じるとか抜け毛がかなり気になるようになってきた。こんな初期の段階では進行を食い止めることでよいのですから、頭皮の環境改善と共に「フィナステリド」を使用します。ここで注意しなければならないのは、頭皮の環境改善は薬をつけたり内服することと同じくらい重要であるということです。髪にとって生活習慣は大いに関わってくるのです。食生活が乱れていると髪のとって必要な栄養分が不足し、男性型脱毛症であってもなくても抜け毛、弱々しい髪の毛が多くなったり脱毛したりという結果につながってしまいます。きちんとバランスが取れた栄養ある食事をとることを心がけることも大きなポイントになってきます。

既に進行してしまった場合に有効なのが「ミノキシジル」となります。服用タイプと頭皮に塗るタイプがありますが、服用するタイプは結構な副作用が報告されており、塗るタイプを使用するのがベターです。この薬は発毛を促進していくタイプですが、進行を止める効果はありませんので、前述の「フィナステリド」と併用して使用することで非常に効果的に働くことになります。服用では循環器から全身までの副作用が心配な「ミノキシジル」ですが、塗るタイプの場合の副作用は「炎症とかゆみ」です。炎症をおこしてしまった場合には使用を中止しなければなりません。頭皮環境を悪化させることになるからです。それ以外の問題はほとんど報告されていないので、むしろ安全な育毛剤と言えます。

これらの効果が高い「医薬品」ですが、使用する場合は十分な知識が必要です。正しい知識との組み合わせこそが薬効を最大限に発揮させるのであります。