思春期を迎えると髪にも気を使います

育毛剤は何歳から使うべき?知っておきたい年齢による効果の違い

抜け毛の症状は、思春期を越えるあたりから誰にでも起こりうることであると思います。ですから育毛剤を使う年齢には個人差があり、ラインを引くことは難しいと言わざるを得ません。

特に若年の場合はその生活環境が要因である場合も多く見受けられます。好き嫌いが多く栄養バランスが崩れていたり、朝食を食べなかったり、規則正しい生活をしておらず、ストレスを感じやすいなどがその原因となる場合があります。

また、頭皮・頭髪を清潔に保つようにし、シャンプーなども刺激の少ないものに変え、シャンプーが残留しないように十分に洗い流すことを心がけるのも効果的でしょう。

注意しなければならないのは、未成年の使用が禁止されている育毛剤もあるということです。特に医薬品である成分が多く含まれている発毛剤などは、男性ホルモンを抑制する働きがあったりしますので、成熟していない未成年の身体ではホルモンバランスを崩すなど思わぬ成長の妨げになってしまうことが考えられるからです。

もちろん未成年にとって危険なものばかりではありません。天然成分100%で男性ホルモン抑制剤の入っていないものも数多くあります。

20代中頃までは生活環境を改善し、頭皮にやさしい育毛剤を使うことで良い方向に進むことが多いと思われます。

男性ホルモンの影響で年齢が高いほど育毛剤などの効果が高まるという調査結果があります。では若いから効果がないかというと決してそういうわけではありません。抜け毛が気になりだしたり、手で髪の毛を梳いた時に髪の毛が細ってきたと感じたら早めに養毛・育毛をスタートさせるべきです。育毛剤などを使用して、効果が実感できるまでに通常6ヶ月といいますから頭皮の血行を良くしたり頭皮の毛穴の汚れを除去してくれる効果のあるものなどから始めると予防という意味も含め非常に効果的です。