生え際に効く育毛対策

額が広くなった?いや、生え際の後退。前頭部の薄毛に効くのはどれ

額の最上部で頭髪の最前線、つまり髪の毛の生え際ラインが年齢とともに後退するのは、非常に気になるものです。人と対面したとき真っ先に目立つ部分であるし、自分自身で鏡を見て気の付きやすい場所でもあります。
この生え際にはヘアケアに関係したもう一つの特徴があります。それは、この部分は頭皮が薄く、頭頂部に較べて硬くなりやすいということです。頭皮が硬くなると当然血行が悪くなり、健康な髪の毛が育ちにくくなります。

そこで、生え際の育毛を促進するための対策の第一は、マッサージによって額から生え際付近の頭皮を柔らかくしてやることです。
マッサージは両手の指先の腹をしっかり押し当て、表面をこするのではなく頭骨から表面の皮をスライドさせて動かすようなイメージで指をゆっくり細やかに動かします。場所は、こめかみ、眉毛、眉間のあたりから次第に額上部へ、そして生え際を通って頭頂部、つむじの方向にと上へ上へ向かっていくようにします。1回につき5分くらいを目標にしましょう。

1日に数回できれば理想的ですが、1回だけでもいいので、たとえば入浴中のシャンプー前などと時間を決めて習慣にしたいものです。何よりも、根気よく続けることが大切です。

もう一つ、生え際のヘアケアで大切なのは、角質化した皮膚を取り除くことです。頭皮の表面に古い皮膚がいつまでも残って覆い被さった状態だと、不潔になって髪の毛を傷めるばかりでなく、新しい毛髪が生えてくるのも阻害してしまいます。
そうならないように角質化した皮膚を取り除いてやる必要がありますが、これには普通のシャンプーだけでは不十分ですので、頭皮専用のクレンジング用品をシャンプー前に使うのがお勧めです。