育毛剤 人気

ミノキシジルなどの有効成分入り発毛剤を最大限に発揮させるには

男性型脱毛症の治療薬としての発毛剤・育毛剤は医師の診断、処方が必要になる「医薬品」に分類されます。当然「薬」ですから副作用についても十分に認識した上で使用しなければなりません。

男性型脱毛症の治療薬としては「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2種類のみと言われています。各々は全く違った効能ですので、場合によってはどちらか一方と頭皮の環境改善及び栄養補給などを行う段階と、これら2種類を組み合わせていく方法となります。

治療においてはタイミングも大切な要因です。どんどん進行してしまった状態を元に戻すというのは大変なエネルギーが必要です。ところが、進行を止めることは元に戻すことよりは簡単です。

「フィナステリド」は進行を止める効果のある薬なのです。最近ちょっとボリュームが少なく感じるとか抜け毛がかなり気になるようになってきた。こんな初期の段階では進行を食い止めることでよいのですから、頭皮の環境改善と共に「フィナステリド」を使用します。ここで注意しなければならないのは、頭皮の環境改善は薬をつけたり内服することと同じくらい重要であるということです。髪にとって生活習慣は大いに関わってくるのです。食生活が乱れていると髪のとって必要な栄養分が不足し、男性型脱毛症であってもなくても抜け毛、弱々しい髪の毛が多くなったり脱毛したりという結果につながってしまいます。きちんとバランスが取れた栄養ある食事をとることを心がけることも大きなポイントになってきます。

既に進行してしまった場合に有効なのが「ミノキシジル」となります。服用タイプと頭皮に塗るタイプがありますが、服用するタイプは結構な副作用が報告されており、塗るタイプを使用するのがベターです。この薬は発毛を促進していくタイプですが、進行を止める効果はありませんので、前述の「フィナステリド」と併用して使用することで非常に効果的に働くことになります。服用では循環器から全身までの副作用が心配な「ミノキシジル」ですが、塗るタイプの場合の副作用は「炎症とかゆみ」です。炎症をおこしてしまった場合には使用を中止しなければなりません。頭皮環境を悪化させることになるからです。それ以外の問題はほとんど報告されていないので、むしろ安全な育毛剤と言えます。

これらの効果が高い「医薬品」ですが、使用する場合は十分な知識が必要です。正しい知識との組み合わせこそが薬効を最大限に発揮させるのであります。

ただ塗るだけでは生えてこない!発毛剤を使用する際の注意

発毛を促進してくれる薬効のある発毛剤や育毛剤は間違いなくあります。もちろん抜け毛・薄毛にも個人差があることは当然ですが、自分の症状にあった発毛・育毛剤を使用すれば効果が出ないハズはありません。

ここで注意しなければならない点があります。ただ単に塗ってさえいれば何とかなるってことではないのです。例えば風邪を引いてしまった時にみなさんはどのように過ごされるのでしょう?そこそこの値段の薬を薬局で購入し、1度や2度服用したからといって、いつも通りに仕事をして、ちょっと1杯引っ掛けて、夜遅くまでパソコンや携帯電話に向かってからお風呂に入って眠る。なんてことはしないはずです。症状がひどければ酷いほど安静にし薬を飲み、場合によっては病院に行く。点滴をしてもらい薬を処方され、栄養のあるものを食べつつ十分な睡眠をとる。それでも1日や2日ではなかなか普通の生活に戻ることはできませんよね。

頭皮のケアも同じことです。それなりの値段の育毛剤をドラッグストアなどで買ってきて2日や3日使ったからといって抜け毛が減ったり発毛するものではありません。まずは頭皮の状態を確認すること。フケ症になっていないか。頭皮環境を改善するところからスタートする必要があります。毛穴のつまりを取り去り毛母細胞を活性化させるように血行を促進。基本的なことですが体調が悪いと頭皮にもよくありません。喫煙は頭皮の毛細血管の萎縮を促し最悪の状態にすることもあり、天敵と言えるでしょう。ここまでは育毛シャンプーなどでも改善される可能性が十分あります。

これを継続してもなかなか抜け毛が収まらない場合は次のステップです。育毛シャンプーなどで頭皮の環境を正常な状態に整えることに加えて育毛剤・発毛剤を使用してみます。もちろん効果の表れ方は人それぞれです。使い始めてすぐに効果の出るものではないと認識しましょう。早くて3ヶ月、通常は6ヶ月程度の期間頭皮にあった育毛剤・発毛剤を継続することで効果が現れてくるものです。短期間で効果が現れないとストレスを貯めることにもつながり良くありません。

頭皮環境改善の努力や育毛剤・発毛剤の効果は即効ではありませんが必ず目に見えて現れてくるものです。頭皮環境の維持に努め、気長に続けていくことが大切です。

一度はうまくいったのにやめた途端に逆戻りってどういうこと?

毎日早起きしてランニング、3度の食事もカロリーを計算して味気なく、痩せると聞けばその食材を買いに走る・・・そんな辛い思いをしてダイエットに成功!数ヵ月後にはリバウンドで以前より大変なことに・・・なんて経験談をよく耳にします。

髪の場合はどうなのでしょう?使用を開始して半年もかかって効き始め、どの後も努力を重ねて髪のボリュームアップに成功!「もう大丈夫」と安心して育毛剤をやめてしまっても良いのでしょうか?

育毛剤が頭皮にどんなことをしてきてくれているかを考えれば答えは導き出されます。

まず1つに、頭皮環境を改善し清潔に保ってくれ、栄養を与えてくれる。育毛剤使用開始直後の頭皮の状態は、皮脂の分泌が過剰になり毛穴が塞がり毛根の働きが悪くなるということで抜け毛・薄毛を生じてしまっていたのでしょう。つまり清潔に保つには頭皮用シャンプーで十分にケアできますし、栄養に関しては頭皮に良い食品や規則正しい生活など生活習慣を改めることで育毛剤の代わりは十分そうです。

2番目は血行促進効果。栄養不足になった頭皮に栄養を行き渡らせる必要があります。抜け毛・薄毛を防ぐのには、毛根にある毛母細胞の分裂を活性化させる必要があります。そのためのエネルギーは血液から取り込みます。そのため血行が悪い状態では抜け毛・薄毛を防げないのです。育毛剤を使うことが簡単で確実な方法ではありますが、ご自身で行う頭皮マッサージでも血行を促進させることは可能です。ちなみに毛細血管を萎縮させる喫煙は発毛の天敵となりますので注意が必要です。

3番目は男性ホルモンを抑制すること。髪にハリやコシがでてきてボリュームが戻ったからといって、男性ホルモンは育毛剤の成分で抑えられているだけなのです。これを抑制することは努力ではできないのです。

つまり育毛剤をやめるということは「頭皮の状態を育毛剤使用以前に戻すこと」にほかならないということです。ダイエットの失敗のようなリバウンドを起こす訳ではありません。ただ戻るだけです。

以上のことから、育毛剤は可能な限り継続することが必要であるということです。ご自身で年齢相応の状態になったと感じられたときが育毛剤をやめる時期ということになります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >